ぐるっとおでかけ阪神北 ひょうご北摂ツーリズムガイド

  • 中
  • 大
/ シーズンセレクション 2月 /
  • ■世界に誇る、唯一無二のエンターテイメント
    宝塚歌劇阪神北を代表する舞台といえば、やっぱり『宝塚歌劇』。
    大正デモクラシーの自由な雰囲気の中、小林一三によって創設された宝塚唱歌隊(=のちの宝塚歌劇団)は、1914年(大正3年)、箕面有馬電気軌道(現在の阪急電鉄)によって宝塚の地に建設された娯楽施設「宝塚新温泉」内のパラダイス劇場で、初公演を行うこととなりました(初公演では「宝塚少女歌劇養成会」と呼称)。
    かわいらしい少女たちが歌と踊りを披露するこの企画は大いに歓迎され、1924年(大正13年)には4,000人収容の宝塚大劇場が開場する運びとなりました。
    1927年(昭和2年)に日本最初のレビューである「モン・パリ<吾が巴里よ>」を上演。
    従来の形式をうちやぶった新しい舞台として話題を呼び、宝塚歌劇は全国に広がっていくこととなります。
    しかし、時代は戦争に突入。終戦間近の1944年(昭和19年)には劇場閉鎖も余儀なくされました。
    1946年(昭和21年)に公演を再開してからは、1951年(昭和26年)上演「虞美人」のロングラン大ヒット、1960年(昭和35年)の「華麗なる千拍子」は芸術祭賞受賞、1968年(昭和43年)の「ウエストサイド物語」が芸術祭賞大賞を受賞するなどのヒットが続きます。
    そして1974年(昭和49年)には、今なお歌劇ファンに支持される「ベルサイユのばら」が大成功を博し、宝塚歌劇の人気を不動のものとしました。
    1992年(平成4年)には、70年近くにわたり愛されてきた旧宝塚大劇場が閉場し、翌年、新・宝塚大劇場へと生まれ変わりました。
    2014年(平成26年)、宝塚歌劇は100周年を迎えました。これからも、華やかな夢の世界に人々を酔わせつづけます。
    ▼関連施設
    ・宝塚歌劇
    ・小林十三

    ■華麗なる豆まき
    中山寺古くから行われている節分の行事「追儺式(ついなしき)」が、宝塚歌劇団によって分かりやすく演出されます。
    人間の邪念を示す、黄(貪・とん)・赤(瞋・じん)・緑(痴・ち)の邪鬼が登場し、金棒を振り回して大暴れします。宝塚歌劇団が扮する(誰が登場するかはお楽しみ)観音様に諭され、改心して福・禄・寿の善神に変身するまでを描いた音楽法要が披露されます。その後は、宝塚歌劇団生の福娘と福男たちによる招福豆まき式が午後2回(13時・15時)行われます。将来の大スターとともに、1年の厄を払い、幸福を願いましょう。
    ▼関連施設
    ・中山寺
    ・星祭り節分会
  • ■プロ・アマの実力者が参加 伊丹市の情報へ
    毎年3月にいたみホールで開催される『伊丹市民オペラ』は、プロ・アマを問わずオーディションに合格した実力派たちが出演します。
    オペラの知識が少ない人も気軽に楽しめ、本格舞台を身近に感じることができます。

    ■闇に浮かび上がる幽玄の薪能 (おもろ能)
    川西おもろ能川西おもろ能は、1991年(平成3年)、世界的に有名な彫刻家・流政之(ながれまさゆき)さんが、けやき坂中央公園に御影石で石舞台「おもろ座」を制作したのをきっかけに、清和源氏発祥の地・川西に「薪能を」と翌年の1992年(平成4年)から始められました。
    以来、毎年10月に開催されてきました。2013年(平成25年)からは、重要無形文化財能楽総合指定保持者のシテ方金春流能楽師 金春穂高(こんぱるほだか)氏を迎えて開催されています。
    入場無料、事前に申し込みが必要です(8月下旬~9月初旬頃〆切)。夕闇の中、かがり火がともる石舞台の上で演じられる能に、幽玄の世界を感じることができます。
  • 【伊丹市】
    ■アイホール(伊丹市立演劇ホール)
    演劇とダンスの公演が中心の小劇場。
    使用目的に応じて自由な空間づくりができるイベントホールと、稽古や会議に使えるカルチャールーム2室があります。

    ■いたみホール(伊丹市立文化会館)
    「芸術・文化への入り口」をコンセプトに様々なジャンルの公演を開催。
    約1200席の大ホール、中ホール、多目的ホール他、練習室や会議室などが揃っています。

    ■ラスタホール(伊丹市立生涯学習センター)
    映画、コンサート、講演などのイベントの他、各種講座が開催される、約250人収容の多目的ホールがあります。

    ■伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)
    音響効果にすぐれ、クラシック向けのメインホールは客席502(うち車椅子席4)。
    移動席70の小ホール、練習室(2室)もあります。

    【宝塚市】
    ■宝塚市立文化施設ベガ・ホール
    宝塚市清荒神1-2-18 Tel.0797-84-6192/阪急「清荒神駅」から徒歩1分
    パイプ総本数が1468本という大きなパイプオルガンを備え、音響効果を高めるため、壁面全てを1枚ずつ手割りのレンガ造りにするなどの工夫がされているホールが備わっています(客席固定数372席)。
    他に、大会議室(グランドピアノあり)、中会議室、小会議室があります。

    ■宝塚市立文化施設ソリオホール
    宝塚市栄町2-1-1 Tel.0797-81-8200/阪急「宝塚駅」下車すぐ
    通常の舞台形式のほか、センターステージなどの多彩な演出にも対応する多目的ホール。
    座席数は通常300席、別に親子室には9席あります。

    ■宝塚市立宝塚文化創造館
    宝塚市武庫川町6-12 Tel. 0797-87-1136/阪急「宝塚南口」駅下車徒歩10分
    1937年(昭和12年)から1998年(平成10年)まで宝塚音楽学校本校舎として使用され、その活動の痕跡は建物内部の階段など至る所に残されています。
    また、2階のすみれミュージアムでは、宝塚音楽学校の一年間を追った写真や、授業で使用された教材の展示をご覧頂けます。
    歴代ポスターの展示や120インチのスクリーンでの宝塚歌劇にまつわる映像の上映など、様々な角度から宝塚音楽学校・宝塚歌劇を堪能できます。

    【川西市】
    ■川西市文化会館
    川西市丸の内町5-1 Tel.072-758-9811/
    能勢電鉄「滝山駅」から南西へ徒歩7分、または阪急電鉄「川西能勢口駅」前の川西バスターミナル2番のりばから12・13系統の阪急バスに乗り約5分で「丸の内停留所」下車すぐ
    中央公民館との複合施設となっています。音楽・演劇・舞踊・映画・講演などに使用できる大ホール(固定席1077席(車イス席5席))、大集会室、レセプションルーム、会議室、講座室、調理室、和室、文化セミナー室などの施設があります。

    ■川西市みつなかホール
    川西市小花2-7-2 Tel.072-740-1117/
    阪急電鉄宝塚線・能勢電鉄「川西能勢口駅」東口から徒歩5分、JR宝塚線「川西池田駅」から東へ徒歩12分
    音楽主体のホール。
    演劇・舞踊・映画・講演などにも使用できます。
    客席は固定席480席(車イス席4席)。
    他に、文化サロン、セミナー室、スタジオなどの施設があります。

    【三田市】
    ■三田市総合文化センター 郷の音ホール
    郷の音ホール三田市天神1-3-1 Tel.079-559-8100/JR・神戸電鉄「三田駅」下車 徒歩15分
    集会や式典、文化祭や発表会などの催しから、舞台芸術や本格的なコンサートまで対応できる高い機能を備えた大ホール(固定席974席、車椅子席10席)、小編成のクラシック音楽を最適の音響で演奏・鑑賞できる小ホール(固定席358席、車椅子席3席)を備えています。
    他に、展示室、和室、会議室、練習室などがあります。

    ■フラワータウン市民センター
    三田市武庫が丘7-3-1 Tel.079-562-5555/神戸電鉄「フラワータウン駅」下車
    個人・グループ等の発表会、各種演奏会、講演会等に使用できる定員250名のホールをはじめ、リハーサル室、多目的室、工作室、視聴覚室、プレイルーム、会議室などがあります。

    【猪名川】
    ■猪名川町文化体育館(イナホール)
    猪名川町白金1-74-24 Tel.072-766-7400/能勢電鉄「日生中央駅」から「川西能勢口行」の阪急バス「パークタウン中央」、または阪急電鉄「川西能勢口駅」から「日生中央行」の阪急バス「総合公園前」下車
    芸術文化・スポーツ活動に対応できる施設。
    体育備品、舞台備品、グランドピアノなどが設備される多目的ホール(座席数1034席)や小ホール(座席数200席)、会議室、リハーサル室などがあります。

イベント紹介

星祭り節分会

除災招福の節分会。宝塚歌劇団の演出のもと、3匹の邪鬼が観音様に諭され、改心して善神に変わる様を現代風にアレンジした音楽法要を厳修。
儀式終了後は、宝塚歌劇団生の福娘と今年の福男たちによる招福豆まきが行われます。

開催日時:平成29年2月3日(金) / 豆まき式(13時・15時)
開催場所:中山寺

2017(第44回)猪名川町彫刻の道マラソン大会

自然豊かな猪名川町を走るマラソン大会も今年で44回目。
3km、5km、10kmのマラソンコースの他に、近隣では数少ない小学生駅伝大会とスタンプラリーも行われます。

開催日時:平成29年2月12日(日)
開催場所:町道原広根線~松尾台周辺コース(スタート・ゴール地点 松尾台小学校)
問い合わせ:猪名川町彫刻の道マラソン大会実行委員会(参画協働課内) 072-766-8783
アクセス:スタート地点まで/能勢電鉄「日生中央駅」から徒歩8分

中山梅林開き

一目千本といわれる梅林が見頃となり、春の訪れを告げます。
3月の第1日曜日には「梅まつり」が開催されます。

開催日時:2月下旬
開催場所:中山寺梅林

日本で「花」といえば「桜」。桜(サクラ)の語源は、山の神または穀物や田の神を意味する「サ」が宿る場所・座「クラ」を表すという説があります。すなわち古代の人にとっては、桜とは神様が宿る樹木であり、崇拝の対象になっていたとも考えられるのです。私たちがこんなにも桜に魅了されるのは、こういった昔からの宗教的観念があるからかもしれませんね。

さて、日本で最も古い「花見」は、812年(弘仁3年)嵯峨天皇が催したといわれています。また、1598年(慶長3年)豊臣秀吉が京都・醍醐寺で催した「醍醐の花見」は、諸大名を集めた絢爛豪華なもので、花見が宮中の文化的催しから娯楽的な催しに移り変わった契機ともいえる一大イベントでした。江戸時代ともなると花見の風習は一般庶民にまで浸透し、ここ阪神北エリアでも桜の植樹や品種交配が盛んに行われ、様々なスポットで桜が楽しめるようになりました。

春爛漫のこの季節!陽気に誘われ、桜前線とともに阪神北に出かけてみませんか!